薬剤師の求人状況

薬剤師の職域と言えば、主に病院あるいは処方箋を取り扱うドラッグストアなど、いずれも薬剤師の資格を活かした職責を担う場所となりますが、当然これら勤務先となる施設の規模やその他の環境次第で、求人に関する動向に違いが見られて当然です。 例えば自院に多数の入院あるいは通院患者を抱える規模の病院であれば、必要となる薬剤師の人数自体も必然的に多くなり、あるいは病院施設の拡張など、今後患者数が増加する事が間違いない病院にとっては、薬剤師の確保は絶対に外せない急務であり、積極的に求人告知を配信しなければなりません。

そして病院の規模に因って、どういった薬剤師を主に採用しようとするのか、病院側が希望する薬剤師の年齢層やキャリアにも特徴が見られ、一説に因れば大規模とされる病院の殆どは新卒者の薬剤師に絞り込んで採用する傾向が確認されています。時に中途採用や他の医療施設から転職して来る薬剤師も皆無ではありませんが、ごく少数派というのが現状です。

また調剤薬局での勤務から一定規模以上の病院の薬剤師への転職も、資格面でこそ可能ではありますが、病院側の受け入れ姿勢を見る限り非常に狭き門だと判断せざるを得ません。一概に明言こそ出来ませんが、一定年齢を過ぎた薬剤師が転職を考える場合、大規模病院への入社は現実的に難しく、規模が小さな病院への転職を狙った方が確実な土壌となっている点は踏まえておきましょう。こうした環境がどのような価値観経緯から確立されているのかは諸説考えられますが、近未来に向けて突然この傾向が変化を見せる可能性は極めて低いと捉えておくべきでしょう。

Copyright © 2014 薬剤師の求人の傾向 All Rights Reserved.